2017.11.21

顔がたるまない人とたるむ人の決定的な違いとは?

顔がたるまない人とたるむ人には、決定的な違いがある

特別に高い化粧品を使っているわけじゃないのに、あの人の顔はぜんぜんたるんでいない・・・。

たるみやシワ、ほうれい線といった肌老化が気になる年齢に突入すると、同世代の友人知人とランチなどをした時に、こうした気づきを得る人たちが非常に多く見受けられます。

しかし全く顔のたるみのない友人に美容の秘訣を尋ねても、特別なケアをしているわけではない。

こうした悶々とした想いは、たるみに悩まされているアラサー女子の多くが感じている傾向があるのです。

では、顔がたるむ人とたるまない人には、一体どんな違いがあるのでしょうか?

貴女の頭皮に「コリ」が生じていませんか?

顔のたるみにおける明暗を分ける原因となるのが、「頭皮のこり」です。

コリによって頭皮が固くなっている人は、目を大きく見開いた時におでこの皮膚を柔軟に動かせない傾向があります。

また美容業界には頭皮が1cm下がれば顔の皮膚も1cm下がるという定説もありますので、顔と1枚の皮膚で繋がった頭皮の影響は意外と大きいと言えそうです。

頭皮のコリが生じやすい時代

スマートフォンやパソコンといった便利な電子機器が増える今の時代は、こうしたアイテムの長時間使用によって頭皮のコリや顔のシワが生じやすくなっています。

例えば、スマートフォンを使って同じ姿勢で2~3時間ゲームをすれば、大半の人が首、肩、目の周囲などにコリや緊張状態を感じることが多いでしょう。

またこうした状況に陥れば当然、地肌にもコリやハリが生じていますので、注意が必要です。

頭皮の固さはどのようにチェックすべきもの?

頭皮の固さのチェックは、意外と簡単です。まずおでこの皮膚を、指を使って少し動かしてみます。

その後、全ての指を使って頭全体を持ち、同じように動かしてみるのです。

この方法を実践した時に、頭皮に若干でも動きにくさがある場合は、既にコリが生じていると考えられます。

頭部の筋肉をマッサージする

こうした形で顔にも大きな支障をもたらす頭部のコリは、普段からマッサージでケアをするのが理想となります。

ヘッドスパの専門家の中には、頭皮のコリ解消だけでなくフェイスラインの引き上げ効果の高いマッサージ動画をYoutubeなどで公開している方々も増えているようです。

またマッサージによって血行不良が改善すると、顔のくすみや血色の悪さも緩和しやすくなりますので、エイジングケアのひとつと捉えてリフトアップにつながる施術を毎日の習慣にしてみると良いでしょう。