2018.04.02

顔の片側のたるみの原因と左右バランスを整える解消

顔の片側のたるみが酷い理由1 アンバランスな噛み方

左右バランスのおかしい顔のたるみが生じる人の多くは、片方の歯だけで口に入れた食材を噛んでいることが多いです。

こうした習慣のある人は、右か左どちらかだけに多くの虫歯が生じやすい傾向があります。

またたるみやシワだけでなく、片方だけにほうれい線がくっきり出ている人も、顔のバランスを整えるために左右均等に噛むことを心掛けた方が良さそうです。

顔の片側のたるみが酷い理由2 頬杖をつく習慣

友人とのランチ中や考え事をしている最中に頬杖をつくという習慣も、顔の歪みやたるみをもたらす原因になり得ます。

また特に頬杖をつくことを無意識に行ってしまっている方々は、その原因や解消法を自分で特定できない傾向もあるのです。

こうした習慣を毎日続けていると、頬杖をつく側だけに手指の雑菌がたくさん付着して、大人ニキビなどの肌トラブルも多発しやすくなると言われています。

そのため、左右バランスの整え方に着目する際には、普段の暮らしの中で無意識に行ってしまっている悪習慣を見つける心掛けも必要だと言えそうです。

顔の片側のたるみが酷い理由3 アンバランスな寝方

眠る時にいつも、片方の頬だけを枕に付けているといった習慣も、リフトアップを目指す皆さんにはNGです。

同じ側の頬を枕に付いて眠っていると、そちらだけが自分の頭の重さで圧迫されている形となります。

こうしたメカニズムで頬などの血行不良が生じると、それだけで肌のターンオーバーが悪くなるのです。

そのため、顔のリフトアップを目指す皆さんの寝方として理想的なのは、なるべく上を向いて寝るもしくは、横向きになる場合も左右交互になることを心がけるといった解消法となります。

顔の片側のたるみが酷い理由4 自動車運転時間が長い

マイカーに乗って通勤やドライブをする機会の多い人は、ウィンドウのある側だけ光老化に陥りやすいと考えられます。

UVカットガラスを使った車であっても、皮膚の深いところに侵入することでシワやたるみを引き起こすUV-A波は基本的に侵入してきます。

また紫外線による肌老化が酷くなれば、色素沈着やシミが生じることもありますので、マイカーに乗るときにもきちんと日焼け止めを塗る習慣を付けることが、美白ケアにも繋がると言えそうです。