2018.04.22

目の下のたるみを瞬間時短メイクで隠すコツを知りたい

瞬間時短メイクで目の下のたるみを隠す女性が急増中

化粧品だけではなかなか改善しない目元のたるみに悩んだ時、リフトアップ効果の高いメイク術に挑戦する女性は意外と多く見受けられます。

加齢による肌トラブルによりシミ・くすみ・シワなどの出やすいアラサー以上の女性は、自分のメイク方法について見直す必要のある年代です。

またセルフケアだけではすぐにたるみの解消が難しい現状を考えると、自分の肌年齢に合ったメイクを学ぶことも、立派なリフトアップに繋がると言えるでしょう。

今回は、目の下のたるみに悩む皆さんと一緒に、意外と簡単にできる時短メイクのコツを確認していきます。

まずはハイライトの重要性を確認する

顔のさまざまなパーツにたるみやシワの生じる年代の皆さんは、まずコンプレックスになっている目元だけでなく、顔全体に立体感を出すことを目指してハイライトを使ってみてください。

ハイライトは基本的に、おでこ・頬骨の上・顎の中央・鼻筋といった「高く見せたいところ」に塗るのがおすすめポイントとなります。

これに対して加齢によってくぼみやたるみの生じている目元については、淡いピンク色のハイライトを塗ることで立体的な顔に仕上げることができます。

たるみの多い年代にNGなメイク法とは?

シワやたるみの出始めた皆さんは、ファンデーションをなるべく薄付きにすることを心掛けてください。

この年代でたるみを隠すために分厚くファンデーションを塗ると、逆に目元のコンプレックスが強調される形になってしまいます。

目の下のたるみ解消ができる時短メイクとは?

目の下のシワやたるみを隠す時短メイクをする時には、まずこれ以上の肌老化にブレーキをかけるために、アイクリームや保湿剤をしっかり塗っておきます。

その後、ファンデーションを薄付きに仕上げるためには、なるべく一段濃い色のリキッドファンデーションを選び、スポンジを使ってトントンと顔全体に伸ばしてください。

ベースメイクが仕上がったら、次は濃いブラウン系のアイシャドウを使って目の下のたるみに目線がいかないようにします。

アイラインは、ブラウン系もしくは黒を使って目尻から目頭まで一気に持っていく形です。

最後にマスカラを塗ったまつげをビューラーで立ち上げたら、先ほど紹介した部分にハイライトを乗せて若返りメイクが完成する形です。