2018.04.26

目の下の予防対策とたるみ改善で大切にしたい3つの習慣

目の下のたるみ予防に繋がる3つの習慣とは?

見た目年齢が一気に老けてしまう目の下のたるみは、日々の暮らしの中で下記3つの習慣を守ることで悪化にブレーキがかかりやすくなります。

・表情筋トレーニング、エクササイズ
・紫外線対策
・食習慣

この3つのポイントを心掛けて日々の暮らしやケアを行っている女性は、リフトアップの必要性に迫られない若々しい顔をしている傾向があるようです。

表情筋トレーニング

目の下にたるみが生じる原因は、老化による表情筋の衰えです。

特にあまり表情を変えずにスマホばかり見ている人達は、使っていない顔の筋肉がどんどん衰えることにより、目元やフェイスラインに著しいたるみが出る傾向があるのです。

こうした状況から脱するためには、目の下のたるみに関係する大頬骨筋・小頬骨筋・頬筋・口輪筋といった筋肉を日々の暮らしの中で動かすエクササイズが必要となるのです。

目元のたるみ解消に効果的なエクササイズとして有名なのは、「あいうえお体操」です。

口と目を大きく見開いて「あ」、「い」、「う」、「え」「お」の母音発音を行なっていると、顔全体の筋肉が動くことでたるみや血行不良の改善が期待できます。

またたるみ解消効果の高い顔筋トレは、動画サイYoutubeなどにも掲載されていますので、自分の抱えるコンプレックスに合うものを探してみても良いでしょう。

紫外線対策

肌のたるみやシワは、UV-A波と呼ばれる紫外線の種類により、コラーゲンやエラスチンが破壊されることで生じやすくなります。

こうした肌老化のメカニズムを知らずに日焼け止めを全く塗らない日々を過ごしていると当然、目元のコラーゲンが失われた結果としてシワやたるみが出やすくなるのです。

そのため、たるみの気になる年代に突入した人は、リフトアップに向けて1年を通して日焼け止めを塗る心掛けが必要となります。

食習慣

たるみと無縁な美しい肌をキープしている女性は、食習慣にも気を遣っています。

シワ・シミ・たるみといった肌老化は、体内の活性酸素が原因で起こるとも言われています。

そのため、日々の暮らしの中でビタミンCなどの抗酸化物質を摂取したり、糖化予防に向けて甘いものを控えるといった心掛けも美肌には欠かせないと考えられているのです。

また脂分の多いメニューもアンチエイジング世代にはあまり良いとは言えない存在となりますので、加齢による肌トラブルが気になり始めたら美容に効果的な食材を選ぶといった工夫も必要になると言えそうです。