大阪のリフトアップ・フェイスリフト専門院 > リフトアップ・フェイスリフトコラム > 美容法 > 皮脂コントロールで皮脂酸化を原因とするたるみが改善する

2018.05.03

皮脂コントロールで皮脂酸化を原因とするたるみが改善する

貴女のたるみは、皮脂酸化が原因ではないですか?

あぶらとり紙を何枚使っても多くの皮脂が出ている場合、その酸化によってシワやたるみが悪化しやすくなると考えられます。

また自分の肌に対して「脂っぽい!」と感じている女性の中には、皮膚の内側では全く潤いのないインナードライ肌になっている方々も多い実態があるため、単純にオイリー肌の皆さんだけが皮脂酸化に要注意というわけではないのです。

今回は、皮脂酸化によるシワやたるみを皮脂コントロールで改善し、リフトアップに繋げる方法をご紹介していきます。

正しい方法で洗顔をする

まず過剰な皮脂に悩まされている皆さんは、洗顔における下記3つのポイントを見直す必要があります。

・適温のお湯で洗顔をする
・優しく洗う
・しっかりすすぎをする

熱すぎるお湯によって肌が本来保持すべき皮脂が流れてしまう状況を防ぐためには、33度~35度ぐらいのぬるま湯で洗顔をするのが理想となります。

また気合を入れてゴシゴシと強く洗顔をしすぎると、やはり皮脂が過剰に失われることによりインナードライ肌の原因となるため、注意が必要です。

保湿重視のスキンケア

酸化するほどの過剰な皮脂に悩まされている時こそ、たっぷり潤いを与えるスキンケアを行う必要があります。

潤い重視のケアを続けていると、大人ニキビなどの原因にもなるインナードライ肌の改善が期待できます。

またシワ・シミ・たるみといった老化現象には、皮膚の潤い不足が多く関係していますので、まずは与えるスキンケアへの見直しを図ってみてください。

紫外線をブロック

アラサー以上の女性が悩まされるシワやたるみは、紫外線による光老化が原因で生じると考えられています。

こうした悪循環にブレーキをかけるためには、1年を通して毎日、きちんと日焼け止めを塗る習慣が必要です。

特に一般の皆さんが日焼け止めをお休みする冬~春にかけては、たるみの原因となるUV-A波が意外と多いシーズンとなりますので、リフトアップを目指す方々にとって紫外線ケアは欠かせない存在と捉えるようにしてください。

ビタミンCを摂取する

過剰な皮脂によるたるみを防ぐためには、ビタミンCなどの抗酸化成分の積極的な摂取により、身体の中からアンチエイジングをする心掛けも必要です。

またビタミンCを摂取すると、コラーゲン合成によるシワやたるみの改善効果も期待できますので、加齢による肌トラブルに悩まされる皆さんこそ、こうした成分を積極的に摂取する食習慣の改善が必要だと言えるでしょう。