PCR検査陰性証明書

国ごとのPCR検査陰性証明書に
ついてご説明いたします

HOME> 海外渡航に関して> インドネシア

インドネシアへの渡航について

※入国前に各国の措置が突然変更される可能性もありますので、検査前に最新の情報を在日の各国大使館や各国にあります日本大使館のホームページ、外務省海外安全ホームページなどでご自身でご確認ください。


感染症検査クリニックでは、新型コロナウイルスPCR検査を行なっています。経済活動再開に伴い、お仕事などでの海外渡航を行う方もいらっしゃるかと思います。すでに新型コロナ感染症に関する検査を入国に際して求める国もあります。そのような入国に必要な証明書の作成も当院で行っております。

インドネシア入国に必要なもの

インドネシアは、4月2日から、一部の例外を除いて、全ての外国人のインドネシア入国及びインドネシアでのトランジットを一時的に禁止しています。この措置が適用されている間は、観光旅行や短期出張の目的ではインドネシアに入国できません。

*一時滞在許可(KITAS)・定住許可(KITAP)保持者や航空機の乗務員などは,この禁止措置の例外になります

入国可能な方々でも入国に際して、「新型コロナウイルスPCR検査陰性で、航空機搭乗に適した健康状態であることを示した英文の健康証明書」、「インドネシア入国前に、日本のようにコロナ非流行地域に14日間以上滞在していること」、「インドネシア入国時にコロナ感染症の症状がある場合は、14日間隔離を受ける用意があること」が必要とされています。

またインドネシア入国前に、新型コロナウイルスPCR検査陰性の健康証明書を持参の場合には、空港での抗体検査やPCR検査、それに伴う隔離措置が免除されるとされています。もちろん入国時に感冒症状などがある場合はこの限りではありません。

PCR検査陰性証明書や、PCR検査の費用

迅速PCR検査は16,500円(税込)を頂戴しております。
(海外渡航用の陰性証明書は、各大使館からの陰性証明書有効期間を考慮致しまして、迅速プランでの検査をお願いしております。)
また、渡航用の陰性証明書の作成には、11,000円(税込)の費用を頂戴しております。
※海外渡航用陰性証明書は、患者様ぞれぞれにフォーマットの取得並びに当院への送付をお願いしております。