PCR検査陰性証明書

国ごとのPCR検査陰性証明書に
ついてご説明いたします

HOME> 海外渡航に関して> 台湾

台湾への渡航について

※入国前に各国の措置が突然変更される可能性もありますので、検査前に最新の情報を在日の各国大使館や各国にあります日本大使館のホームページ、外務省海外安全ホームページなどでご自身でご確認ください。

感染症検査クリニックでは、新型コロナウイルスPCR検査を行なっています。経済活動再開に伴い、お仕事などでの海外渡航を行う方もいらっしゃるかと思います。すでに新型コロナ感染症に関する検査を入国に際して求める国もあります。そのような入国に必要な証明書の作成も当院で行っております。

台湾入国に必要なもの

台湾は、これまで全ての外国人の渡航を制限してきましたが、2020年6月29日からはビジネスなどの渡航については制限緩和することとなりました。

事前に台北駐日経済文化代表処で特別入境許可を申請し、許可を得ることが必要です。その後、フライト搭乗3営業日以内の新型コロナウイルス陰性を証明する英文証明書が必要となります。

台湾到着後、スマートフォンによる入国検疫システムへのオンライン申告などを行い、その後14日間の在宅隔離が行われます。在宅隔離については、台湾滞在3ヶ月未満の予定で、台北駐日経済文化代表処に事前に申請をすることで短縮することが可能でしたが、残念ながら日本国内の感染者数増加によって、日本はこの指定から除外されてしまいました。日本人は一律で14日間の隔離が求められます。
詳細は台北駐日経済文化代表処ホームページをご覧ください。

PCR検査陰性証明書や、PCR検査の費用

迅速PCR検査は16,500円(税込)を頂戴しております。
(海外渡航用の陰性証明書は、各大使館からの陰性証明書有効期間を考慮致しまして、迅速プランでの検査をお願いしております。)
また、渡航用の陰性証明書の作成には、11,000円(税込)の費用を頂戴しております。
※海外渡航用陰性証明書は、患者様ぞれぞれにフォーマットの取得並びに当院への送付をお願いしております。